ユダヤ式記憶術やり方

ユダヤ式記憶術 松平勝男 監修

試験に受かるユダヤ式記憶術とは?

ユダヤ式記憶術は、暗記事項をスラスラ覚え、答案作成のときには、すぐに思い出せるという特徴があります。試験の答案作成に向いている記憶術なのです。

 

短期的に大量の事項を瞬時に暗記できたとしても、答案作成時に思い出せなければ、試験対策には向いていません。よくあるテレビ番組でコンテストのような形で行われる暗記は、この類の記憶術です。このような方法を瞬間記憶術といいます。ユダヤ式記憶術の方法は、よくある瞬間記憶術や連想記憶術とは異なります。

 

ユダヤ式記憶術は、例えば、司法試験や公認会計士などの難関資格を取得するため、東京六大学などの難関大学に合格するための対策に最適です。もちろん、その他の資格取得や大学でも効果的です。試験に役立つ実用的な記憶術なのです。

 

暗記事項を何度も書いたり、何度も読んだりしても、覚えられないという人、せっかく覚えても、次の日にはすっかり忘れてしまうという人には、ユダヤ式記憶術がお勧めです。また、記憶術教室に通ったり、教材や書籍を用いて、他の記憶術を習得、実践しても思うような結果が出なかったという人にも、ユダヤ式記憶術がお勧めです。特別な才能も必要ありません。

 

ユダヤ式記憶術は、ヨーロッパのルネサンス期に開発された記憶術ですが、これまでの日本では知られていなかった記憶術です。その暗記法を松平勝男が教材化して、現在ではユダヤ式記憶術として一般公開されています。松平勝男もこの記憶術を用いて、東京大学・文化一類に合格、東京大学大学院・法学修士号を取得しています。また、松平勝男はユダヤ式記憶術を活用して、41ヶ国語を習得しています。

 

記憶術というと、特殊能力のようなイメージがあり、多くの人が身に着けて実践しているとは言えません。どちらかというと、暗記が苦手という人が世の中には多いでしょう。記憶術が一般的に普及していないのは、3つの理由があります。長期の記憶に残らない、覚えた事項を思い出しにくい、途中で挫折してしまうの3点です。ユダヤ式記憶術は、この3点を解決し、試験対策に最適化した方法です。

 

ユダヤ式記憶術では、ユダヤ教のカバラ思想で出てくる「生命の樹」を暗記のための体系化図式として用います。この「生命の樹」という体系図がユダヤ式記憶術の中心になる概念です。「生命の樹」が優れている理由や具体的な使い方、応用方法については、教材内で詳しく解説されています。

 

ユダヤ式記憶術はA4版、158ページのテキストによって解説されています。ダウンロード版の販売はありません。また、一般の書店では販売されていません。ユダヤ式記憶術の公式ホームページより、お申し込みください。

 

ユダヤ式記憶術 公式ホームページはこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ